アート・オブ・ライフ〜今日のカード

拝啓 薄暑の候 雨に萌ゆる緑が風情を漂わせる季節となりました。

アート・オブ・ライフ〜今日のカード

No.16「塔」

タロットカードでは「破壊」を象徴するカードになります。

1910年「ル・プチジャーナル」のイラスト(フランスのアンティーク新聞)

日本では、明治43年になります。

箴言は、1844年プロイセン王国(現ドイツ🇩🇪)生まれの哲学者フリードリッヒ・ニーチェの言葉

”what does not destroy me , makes me stronger.”

「私を滅ぼすに至らない全てのことが、私を強くする」

ニーチェの人生は、病気と共にありました。幼少期から極度の近眼で、さらに偏頭痛や胃痛など健康上の問題を抱えていました。

しかし、ニーチェにとって病気や困難は、ただ苦しいだけのものではなく、より思考を深めてくれるものでした。

自己を高めてくれる要素だと言っているのではないでしょうか?

大半の苦しみは、自己成長のきっかけと思うと乗り越えられるのかもしれません。

様々な困難が、彼を強くしていき、

”ツァラトゥストラはかく語りき”

の中では、現実の「生」を全面的に肯定する「超人」を理想の生き方としました。

そう考えると、絵画の「パラシュートドロップ」は自分の既成概念を破壊して「超人」になろうとしているのかも?

私にとっては、日々、陥りやすい歪んだ妬みや憎悪といった「ルサンチマン」を排除して、ニーチェのように「超人」として生きるのは、少しハードルが高いかもしれません。

しかし、日々の困難や悩みも、向き合い、受け入れることで自らを成長させてくれる糧となるのだと思えば、少しは気が楽になれるような気がします。

「誰か」と比較する必要はありません。

私も貴方もこの世界で唯一無二の存在です。

今日、生きていられるだけで「ラッキー」だと思うことにしました。

未だコロナ禍は収まっておりませんが、

”朝の来ない夜はありません”

時節柄、どうか皆様ご自愛くださいませ。

敬具  

天野雄太

ページトップへ